PBS NEWS HOUR

トップニュースはイランの問題でしたが、ナイトラインで、取り上げた5人の子供の母親ジェニファーが失踪している事件を取り上げます。
まるで、映画ゴーンガールを彷彿させる事件でした。行方不明の妻を探す、別居中だった夫が愛人と共謀して、殺害したとして逮捕されました。
ある日、5人の子供を学校に送り出した後に、行方不明になったジェニファーさん。ガレージや床から血痕が見つかり、何かで拭いたような跡も。そして夫が私を殺そうとしていると、知人に話していた事も分かります。本当にゴーンガールみたい。
しかし、夫と愛人が疑われ、逮捕されます。被告である夫は無罪を主張しているようですが。まだ遺体は見つかっておらず、ジェニファーさんに何があったのか、まだ分かっていません。

イギリスのハリー王子の声明についてもありました。イギリスのタブロイド紙が差別的な風潮があり、それに傷つけられた可哀想なメーガン妃という論調ですね。
パパラッチから追われる生活に疲れ果て、仕方なく王室から離れる事にしたと・・・
メーガン妃が出演したドキュメンタリーを紹介し、間違った報道に苦しめられていたという事を強調していました。ダイアナ妃の事も取り上げて、こういった悲劇が繰り返させてしまうべきではないという感じ・・・
日本のワイドショーでは、嫁選びに失敗したとまで言われていて、批判的でしたけど。やっぱりメーガン妃はアメリカ人ですからねえ。

キリング・イヴ Killing EVE シーズン2第5話

シーズン2 第5話のあらすじとレビュー

シーズン2第5話「じゃ、またね」あらすじ(ネタバレあり)

ゴースト(チン)の取り調べが始まるが、彼女は何も喋らない。イヴはヴィラネル(オクサナ)の名前を出すと、「彼女はヌルギャンクイシン、卵の妖怪、顔のない化け物」と言う。
イヴはヴィラネルと対峙させれば、何か話すのかもと、自分をターゲットにヴィラネルを誘き出す事を考える。キャロリンはこれに賛成し、事態を進めるが、ケニーは反対する。
イヴが次のターゲットだと、コンスタンティンから知らされたヴィラネルは動揺するが、イヴの自宅へやってくる。しかし、イヴからゴースト尋問について、協力してほしいと言われ、ゴーストと会うことにする。
ヴィラネルがゴーストから聞き出した情報で、殺害の依頼者は殺されたピールの息子だと分かる。
ヴィラネルはニコへ会いに行き、イヴと仕事仲間になったと伝える。

マダムXの感想

正体の分からないゴーストの尋問にヴィラネルを使う事を思いつく、イヴですが、同時にイヴが正式なMI6の職員である事も曖昧である事がわかります。ジェスに記録など事務仕事に煩わされていない事を指摘されるイヴ。これは意図的にキャロリンが、イヴの仕事や情報を上に挙げてないという事になります。キャロリンったら、怖い・・・イヴの安全は丸無視って事にして、存在すらないことにしてるんでしょうか。ていうか、何かあっても関知しない事だったと言えますよね。
しかし、逆に考えれば、それだけイヴは自由に動けるわけです。なので、ゴーストの取り調べにヴィラネルが使えんじゃね?となるわけですが・・・でも、だからって自分を次のターゲットにしなくてもねえ・・結局、それでヴィラネルもノコノコやってくるわけですが。これも惚れた弱みって事なんでしょうか。で、束の間の再会から、ヴィラネルは協力する事になります。どういう方法を使ったのか?ゴーストから殺害の依頼者をしっかり聞き出すヴィラネル。一体、何をしたんでしょうねえ。ゴーストが人でなしと言ってましたから、それなりの事をしたんでしょうけど・・・直接的な暴力よりも、精神的に追い詰めたのでしょうか?レクター博士みたいな感じかな?サイコパスってそういう事も得意なようです。自殺へ追い込んだり。相手の弱点を素早く見つけて、そこを攻撃する能力に長けているんでしょう。一切、話そうとしなかったゴーストも完落ちです。
イヴに認められて、ご満悦なヴィラネルはニコに会いに行き、イヴの仕事の仲間になったの。と言います。仕事仲間なのかなあ・・・というより、ニコに対する嫌がらせ?牽制?
とにかく、情報を手に入れたイヴ。次はどう動くのでしょう。でも、ゴーストの黒幕はトゥエルヴではありませんでした。これも本当なのかな。
第6話へ続きます。

PBS NEWS HOUR

イラン、米軍基地2ヵ所を弾道ミサイルで攻撃

やはり・・・というか、イランがソレイニマニ氏殺害への報復に出ました。今日はこのニュースがトップです。専門家の意見は、この先、事態がエスカレートするしか選択がないと、かなりネガティヴな意見ばかりでした。トランプ大統領は今までの歴代大統領が引かなかったジョーカーを引いたのかもしれません。
大統領選の候補と挙がっている民主党の候補者へも意見を聞いています。まず、バイデン氏は「トランプ大統領がやった事は危険で無能だ。」と批判し、エリザベス・ウォーレン氏は「正しい対応は他になかったのか?相手を刺激し、戦争へ追い込んでしまった。」と言っていました。最後にバーニー・サンダース氏へもインタビューがありました。氏はやはりソレイニマニ氏殺害でイランとの関係は悪化すると言い、トランプ大統領の行為は国際法違反になるのではないか?と批判していました。国の重要な指導者を正当な理由なく、殺害したのだからと理由を言っていましたが・・・記者から、もし大統領になったら、イラクから軍を撤退しますか?と聞かれ、イラクから軍は撤退はさせたいと思うが、それはすぐにではない。周辺の同盟国と調和を保ちつつ、慎重に進めたいと答えていました。
結局、歴代の大統領はイランとイラクの問題には、慎重にお互いの駆け引きをしつつ、本音と建て前を使い分け、上手く渡る事を考えて、事を進めて来ていたのに、トランプ大統領には、その辺の空気が読めなかったようです。今年の大統領選に決断力のあるところをアピールし、強いアメリカ、大国であるアメリカを印象付けたかったのかもしれないです。しかし、イランとの関係悪化が戦争に発展し、これが長引けば経済にも影響が出てくるでしょう。そうなると、自身にも諸刃の刃になりかねません。
それにしても、あのプロレスラーのマイクパフォーマンスのような、ツイートはどうにかなりませんかね?過去にそういうお仕事もしてましたけどね。

PBS NEWS HOUR

緊張が続くアメリカとイラン

イラン司令官殺害で、緊張が続くアメリカですが、今日は前イラク駐在大使と、イランの駐米大使のインタビューがありました。
イラン側はアメリカに対する報復があるはずと断言。それがアメリカ国民を狙うものなのか、個人を狙うものであるかは、言及してはいませんでしたが、イラン国民は報復を望んでいると。不当な理由で司令官は殺害されたと、かなり憤慨した様子。
それに対して、前イラク駐在大使は司令官殺害は正当な理由によるもので、司令官は史上最悪な残酷な部隊を率いていたと・・・イランは司令官殺害は不当だとして、アメリカ批判をし、周辺の国を味方につけようとするだろうけれど、間にイラクを挟むべきではないと言ってました。
トランプ大統領はとんでもない地雷を踏んだのか・・・大統領選への再当選を目指して、勇み足になったのか?この判断がこの先、どう転ぶのかは、まだ分かりません。代償が高くつくかもしれません。

イランに駐留するアメリカ兵

ソレイニマニ氏殺害に憤るイラン国民の様子を伝えていました。葬儀では皆が泣き、街頭にはソレイニマニ氏の肖像が掲げられ、報復を望む人々が集まっています。
ただ、人々はアメリカは好きだけれど、トランプが嫌いだと言っています。
嫌いでしょうねえ・・・報復には報復だと、相変わらず過激な発言をツイートしているトランプ大統領ですが、これは脅しだ!とか言っちゃってるし、これって本当に大国の大統領の発言なのでしょうか。教養の欠片も見えてこないところに、私は残念な感じしかしないのですけど・・・