キリング・イヴ Killing EVE シーズン2第5話

シーズン2 第5話のあらすじとレビュー

シーズン2第5話「じゃ、またね」あらすじ(ネタバレあり)

ゴースト(チン)の取り調べが始まるが、彼女は何も喋らない。イヴはヴィラネル(オクサナ)の名前を出すと、「彼女はヌルギャンクイシン、卵の妖怪、顔のない化け物」と言う。
イヴはヴィラネルと対峙させれば、何か話すのかもと、自分をターゲットにヴィラネルを誘き出す事を考える。キャロリンはこれに賛成し、事態を進めるが、ケニーは反対する。
イヴが次のターゲットだと、コンスタンティンから知らされたヴィラネルは動揺するが、イヴの自宅へやってくる。しかし、イヴからゴースト尋問について、協力してほしいと言われ、ゴーストと会うことにする。
ヴィラネルがゴーストから聞き出した情報で、殺害の依頼者は殺されたピールの息子だと分かる。
ヴィラネルはニコへ会いに行き、イヴと仕事仲間になったと伝える。

マダムXの感想

正体の分からないゴーストの尋問にヴィラネルを使う事を思いつく、イヴですが、同時にイヴが正式なMI6の職員である事も曖昧である事がわかります。ジェスに記録など事務仕事に煩わされていない事を指摘されるイヴ。これは意図的にキャロリンが、イヴの仕事や情報を上に挙げてないという事になります。キャロリンったら、怖い・・・イヴの安全は丸無視って事にして、存在すらないことにしてるんでしょうか。ていうか、何かあっても関知しない事だったと言えますよね。
しかし、逆に考えれば、それだけイヴは自由に動けるわけです。なので、ゴーストの取り調べにヴィラネルが使えんじゃね?となるわけですが・・・でも、だからって自分を次のターゲットにしなくてもねえ・・結局、それでヴィラネルもノコノコやってくるわけですが。これも惚れた弱みって事なんでしょうか。で、束の間の再会から、ヴィラネルは協力する事になります。どういう方法を使ったのか?ゴーストから殺害の依頼者をしっかり聞き出すヴィラネル。一体、何をしたんでしょうねえ。ゴーストが人でなしと言ってましたから、それなりの事をしたんでしょうけど・・・直接的な暴力よりも、精神的に追い詰めたのでしょうか?レクター博士みたいな感じかな?サイコパスってそういう事も得意なようです。自殺へ追い込んだり。相手の弱点を素早く見つけて、そこを攻撃する能力に長けているんでしょう。一切、話そうとしなかったゴーストも完落ちです。
イヴに認められて、ご満悦なヴィラネルはニコに会いに行き、イヴの仕事の仲間になったの。と言います。仕事仲間なのかなあ・・・というより、ニコに対する嫌がらせ?牽制?
とにかく、情報を手に入れたイヴ。次はどう動くのでしょう。でも、ゴーストの黒幕はトゥエルヴではありませんでした。これも本当なのかな。
第6話へ続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です