PBS NEWS HOUR

緊張が続くアメリカとイラン

イラン司令官殺害で、緊張が続くアメリカですが、今日は前イラク駐在大使と、イランの駐米大使のインタビューがありました。
イラン側はアメリカに対する報復があるはずと断言。それがアメリカ国民を狙うものなのか、個人を狙うものであるかは、言及してはいませんでしたが、イラン国民は報復を望んでいると。不当な理由で司令官は殺害されたと、かなり憤慨した様子。
それに対して、前イラク駐在大使は司令官殺害は正当な理由によるもので、司令官は史上最悪な残酷な部隊を率いていたと・・・イランは司令官殺害は不当だとして、アメリカ批判をし、周辺の国を味方につけようとするだろうけれど、間にイラクを挟むべきではないと言ってました。
トランプ大統領はとんでもない地雷を踏んだのか・・・大統領選への再当選を目指して、勇み足になったのか?この判断がこの先、どう転ぶのかは、まだ分かりません。代償が高くつくかもしれません。

イランに駐留するアメリカ兵

ソレイニマニ氏殺害に憤るイラン国民の様子を伝えていました。葬儀では皆が泣き、街頭にはソレイニマニ氏の肖像が掲げられ、報復を望む人々が集まっています。
ただ、人々はアメリカは好きだけれど、トランプが嫌いだと言っています。
嫌いでしょうねえ・・・報復には報復だと、相変わらず過激な発言をツイートしているトランプ大統領ですが、これは脅しだ!とか言っちゃってるし、これって本当に大国の大統領の発言なのでしょうか。教養の欠片も見えてこないところに、私は残念な感じしかしないのですけど・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です