PBS NEWS HOUR

イラン、米軍基地2ヵ所を弾道ミサイルで攻撃

やはり・・・というか、イランがソレイニマニ氏殺害への報復に出ました。今日はこのニュースがトップです。専門家の意見は、この先、事態がエスカレートするしか選択がないと、かなりネガティヴな意見ばかりでした。トランプ大統領は今までの歴代大統領が引かなかったジョーカーを引いたのかもしれません。
大統領選の候補と挙がっている民主党の候補者へも意見を聞いています。まず、バイデン氏は「トランプ大統領がやった事は危険で無能だ。」と批判し、エリザベス・ウォーレン氏は「正しい対応は他になかったのか?相手を刺激し、戦争へ追い込んでしまった。」と言っていました。最後にバーニー・サンダース氏へもインタビューがありました。氏はやはりソレイニマニ氏殺害でイランとの関係は悪化すると言い、トランプ大統領の行為は国際法違反になるのではないか?と批判していました。国の重要な指導者を正当な理由なく、殺害したのだからと理由を言っていましたが・・・記者から、もし大統領になったら、イラクから軍を撤退しますか?と聞かれ、イラクから軍は撤退はさせたいと思うが、それはすぐにではない。周辺の同盟国と調和を保ちつつ、慎重に進めたいと答えていました。
結局、歴代の大統領はイランとイラクの問題には、慎重にお互いの駆け引きをしつつ、本音と建て前を使い分け、上手く渡る事を考えて、事を進めて来ていたのに、トランプ大統領には、その辺の空気が読めなかったようです。今年の大統領選に決断力のあるところをアピールし、強いアメリカ、大国であるアメリカを印象付けたかったのかもしれないです。しかし、イランとの関係悪化が戦争に発展し、これが長引けば経済にも影響が出てくるでしょう。そうなると、自身にも諸刃の刃になりかねません。
それにしても、あのプロレスラーのマイクパフォーマンスのような、ツイートはどうにかなりませんかね?過去にそういうお仕事もしてましたけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です